西日本を中心に発生した甚大な豪雨被害、ここ最近頻繁に発生している地震災害など、赤ちゃんやお子様がいらっしゃる家庭では特に注意が必要な状況が続いています。

赤ちゃんや子供がいらっしゃる家庭に必要な防災リストをご紹介しますので、参考にされてみてください。赤ちゃんやお子様の年齢や状況、お住まいの地域などによってリストは変わってきますので、今回は代表的なものをご紹介したいと思います。

基本的な最低限の防災グッズ

・3日分の食料(乾パン・チョコ・あめ等含む)
・懐中電灯やラジオ
・予備の電池(懐中電灯やラジオのため)
・タオル
・薬などの救急用具(常備薬含む)
・衣料品(下着含む)
・生理用品
・ティッシュペーパー
・貴重品(保険証含む)
・飲料水(1人1日3リットル)×3日間

お子様用防災グッズ

・防災頭巾・ヘルメット・帽子
・抱っこ紐
・おむつやパンツ
・おしりふき(体拭きにも使用できます)
・ミルク・哺乳瓶
・着替え
・おもちゃや絵本
・スーパーのビニール袋
・母子手帳

いかがでしたでしょうか?
今回ご紹介させていただいた防災リストは最低限なものです。

特に赤ちゃんや子供は大人と違い、我慢の限界点が低いので大人より気を使って防災グッズを揃えた方がよろしいかと思います。

お子様の年齢や状況などによって必要な防災グッズは変化いたしますので、適宜近隣の方々と情報共有をしながら、万が一の事態に備えておくようにしましょう。

制作著作:日本はぐケア協会