テレビやインターネットを観ていると、たまに、「おっ」と思うCMに出会うことがあります。TOYOTAのVOXYもその一つです。

10年以上前、反町隆史が出演していた「俺には、キミをカッコよくする義務がある」とうコピーのCMが、最初に琴線に触れました。当時、まだ息子は生まれていませんでしたが、「将来、息子ができたらこういうスタンスでいきたいな」と思ったことを覚えています。その後、予定通り(?)息子が生まれ、彼を格好よくすることを日々の課題として、子育てしています。

そして、今。柳楽優弥が出演しているCMがまた、心に響いてきました。キャッチコピーは「父にしてくれて、ありがとな」。CM内の言葉を借りると、父親になったから子どもが生まれたわけではなく、子どもが生まれてきてくれたから父親になれました。そして、父と子は、いつまでも一緒にはいられません。時間は有限で、絶えず変化して、流れていきます。

限られた時間の中で、やらなければならないことは膨大です。ですが、今やっている「それ」は、本当に優先順位の高いものでしょうか? 仕事はもちろん大切です。夜、家に帰ってくるとクタクタに疲れています。せっかくの休日は、できれば家でゆっくりしていたいです。でも、今の年齢の子供と過ごせる時間も、今しかありません。

学校は夏休みに入ってきました。せっかくの今年だけの夏休みです。子どもと一緒に過ごせる時間について、ちょっとだけ立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか?

TOYOTA VOXY HP
http://toyota.jp/voxy/cp/voxylife/?padid=ag341_from_voxy_top_rec_cp3

著作:日本はぐケア協会