前回、不妊治療の基礎知識をお伝えしましたが、今回は不妊治療の金額や期間について分かりやすくお伝えしたいと思います。

不妊治療には大きく分けて、「タイミング療法」「人工授精(AIH)」「体外受精」があります。それにかかる費用や期間は、正直いってまちまちですが、以下に大まかな目安を載せておきます。

○初期費用

妊娠を希望して産婦人科を初めて受診した際に、ほぼ必須となる項目があります。
問診、内診、超音波検査、血液検査などがそれにあたります。これらを行うことで、本当に治療が必要な不妊かどうか、また、どういった治療方法が必要か、追加で必要な検査はないか、などを判断していきます。

病院や項目によっても異なりますが、だいたい、数千円〜1万円程度の費用になります。ここまでは保険でカバーできることもあります。

男性の精子の検査も初期検査に含まれますが、これとは別にやはり数千円程度かかります。

○タイミング療法

基礎体温をつけて、超音波で排卵の様子を確認します。超音波は複数回やることがあるので、1周期あたり1万円前後のことが多いです。ただし、タイミングを見るだけでなく、注射などで排卵させることまでやると、必要な金額はもう少し増えます。

排卵前に2〜3回通院して、超音波で卵巣の様子を確認することが多いです。

○人工授精(AIH)

タイミングだけでは妊娠できない場合、精子を直接、子宮の中に入れてあげる方法です。保険はきかないため病院によって異なりますが、1回あたり1~2万円程度です。

卵子の発育状態を確認しつつ、ベストなタイミングで行うため、通院回数はやはり2~3回になります。また、それとは別に、当日、男性が精子を採取する必要があります。

○体外受精

卵子を体の外に取り出して、そこで精子と受精させ子宮の中に戻す方法です。
卵子と精子を単純に混ぜ合わせる方法と、顕微鏡を使って精子の核を卵子の中に挿入する方法と、2つの方法があります。費用は数十万〜100万円単位で、顕微鏡を使う方法の方が費用は高くなります。

卵子を発育させるのに連日(数日〜2週間)の通院が必要で、採卵は麻酔をかけて行い、子宮に受精卵を戻した後もホルモン剤の使用が必要になります。また、身体の状態によっては、受精した卵を子宮に戻せないこともあり、初めから終わりまで2〜3ヶ月かかることもあります。

 

このように不妊治療は経済的にも期間的にも負担が大きくなるのが現状ですし、女性の身体的な負担も非常に大きいのが現実です。
しかし不妊治療は「愛する人の子を産みたい」「自分の子供がほしい」という女性の想いを叶えるために必要な医療行為だと言えます。

「不妊治療=妊娠」ではありませんが、不妊治療を行うことで妊娠する可能性が高くなることは事実です。
ご自身で「不妊では」と思われた方は、不妊治療を行っている産婦人科を受診されてみるのもよいかと思います。

制作著作:日本はぐケア協会