温かい天気が続き、家族でお出かけをする機会も増える季節となりました。子供にも普段とは違った経験をさせてあげたいと計画を経てている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回おすすめするのは動物と一緒に写真を撮り、間近で餌やりはもちろん!動物園とは一味違う大迫力の興奮を体感できる家族で楽しむサファリパークをご紹介します。

動物と触れ合える魅力的な場所に行ってみませんか?

サファリパーク

動物園とは違った触れ合いで大興奮!

 

・ノースサファリサッポロ(北海道)

http://www.north-safari.com/ver2/index.html
お子様連れの家族、夫婦、カップル、誰と行っても楽しめる施設です。有料のエサではありますが、買ってすぐ動物に自ら与えることができます。大自然で走り回っている動物に触れるので服が汚れる事もありますがそれも醍醐味と思って楽しんで頂ければと思います。水陸両用車で茂みの中を走り、動物の目線を体験できます。

北海道の冬なら、アクティビティが満喫できます。犬ぞり体験は人気が高く、雪上バナナボート、スノーモービルなども経験できます。チューブ滑りやスノーシューは無料で楽しめますし、子供たちにとっても大満足の思い出となるでしょう。

 

・岩手サファリパーク(岩手県)

http://www.iwate-safari.jp/

アフリカ動物の生息地などを車で探検するサファリパークとサル劇場、フラミンゴショー、サルと触れ合い、モンキーセンターゾウの背中に乗れるゾウの村があります。

バスに乗りパーク内を回ると、トラが間近で見ることができ、動物園とは違うスリルもあります。また、キリンがバスの近くに顔を寄せてきて触れる距離まで来てくれます。動物にエサを与えると人懐っこくて寄ってきてくれるそうです。もちろん小動物と触れ合えるコーナーもあり、動物が苦手な方でも少しずつ寄り添うことも可能です。

 

・那須サファリパーク(栃木県)

http://www.nasusafari.com/

体感型サファリパーク。 大きな敷地からすぐ目の前まで寄ってくる迫力と、野生動物にエサやりができ、子供にも大人にも人気を集めているスポットです。 園内では、70種700頭羽の世界の動物に出会え、アフリカライオンやベンガルトラ、カバ、シロサイなどの動物たちをバスや車に乗りながら観察することができます。

ふれあい広場にはウサギ、カピバラ、ヤギなど、可愛い動物たちが子供達にも大人気です。 期間限定でナイトサファリも行っており、夜行性の動物が活発に動く姿を見ることも可能。
園内でイベントを行うこともあるので、幅広く一日中楽しめること間違いありません。

 

・姫路セントラルパーク(兵庫県)

http://www.central-park.co.jp/甲子園球場48個分の敷地を持つ、大型娯楽施設です。 サファリパーク、遊園地、夏はプール、冬はアイススケートと、1年中楽しむことができ、一日ではとても回りきれない程です。絶叫アトラクション、迷路や宝探しなど子供が楽しめる空間が広がり、遊園地だけでも大満足できますが、普段とは違った経験をしたいのなら、姫路セントラルパークへ!!

コース内を自由に歩いて様々な動物と間近に遭遇できるウォーキングサファリ、自然に近い状態で過ごす猛獣等大型動物を間近で見られるドライブスルーサファリの2コースがあり、お子様の年齢やペースに合わせて選ぶことができるので安心です。自家用車でそのまま入り、自然体の動物が見られるのも人気の理由になっているようです。ホワイトライオンを至近距離で見る興奮は忘れられないものとなるでしょう。

 

・九州自然動物公園アフリカンサファリ(大分県)

http://www.africansafari.co.jp/
広大な草原に広がる日本最大級のサファリパーク!70種、約1400頭羽の野生動物が生息中です。ジャングルバス(有料)に乗り、野生動物に直接餌付けができ評判も高いようです。ライオン、キリン、象、チーター、カバなど沢山の動物が至近距離に居て、恐怖感すらある中々のエキサイティングな空間だそうです。普段は絶対に近づけない檻の中の動物に直接、餌を食べさせてあげる経験は癖になります! ふれあいの森では、動物園ではあまり見かけないカンガルーと触れ合うことができるなど、貴重な体験と学びになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか!
子供から大人まで年齢を問わず楽しむことができ、普段の生活には無い刺激的な大迫力の興奮を体感できると思います。また、上記に紹介しきれていない人気のスポットは他にも沢山あります。遠出をせずに、近くの動物と触れ合えるスポットに足を運んでみるのも、子供たちにとっては貴重な経験になると思います。

著作:日本はぐケア協会