離婚調停

2019年2月19日、不倫相手に対する離婚の慰謝料問題について最高裁判所(以下「最高裁」)が初めて判断を下しました。
そこで今回は離婚と慰謝料について考えてみたいと思います。

1. 不倫相手への離婚に対する慰謝料請求について

2019年2月19日に行った最高裁の判断は「配偶者の不倫(不貞)が原因で離婚した場合、不倫相手に対し、離婚に対する慰謝料請求はできない」という判断になります。

 

最高裁は「離婚は本来、夫婦間で決められるべき事柄であり、離婚させたことの責任を不倫相手が直ちに負うことはない」と述べています。

分かりやすくお伝えすると「離婚は夫婦で決めるものなので、たとえ不倫が原因で離婚したとしても、その離婚に対する責任は、特段の事情がない限り、不倫相手は負わない」ということになります。

また、最高裁は「不倫相手に離婚に対する責任追及ができる場合は、離婚させることを目的として夫婦間に不当な干渉をした場合に限られる」とも述べています。

2. 不倫相手に対する慰謝料請求について

配偶者がいる方と不倫関係に陥った場合(不貞行為を行った場合)、不貞に対する慰謝料請求はこれまで通りです。

先ほどの最高裁の判例で、慰謝料請求できないと判断されたのでは?と思った方もいると思いますが、今回の最高裁の判断はあくまで離婚自体に対する慰謝料であって、不貞(離婚原因)に対する慰謝料ではないのです。

ですので、奥さんがいる男性と不倫関係になった女性を例にしますと、不倫相手の女性は奥さんから慰謝料請求される可能性があり、裁判になっても認められる可能性は高いわけです。

もちろん、不倫をした旦那さんが一番責任を負うべきですので、奥さんは旦那さんに対して慰謝料請求することもできます。

少し小難しい話をしますと、不貞の慰謝料というのは共同不法行為にあたるため、不倫をした結婚相手(先ほどの例では旦那さん)、不倫相手双方が連帯して慰謝料を支払う義務を負うということになります。
 

慰謝料の相場は、期間や頻度などによっても異なりますが、50~400万円といわれていました。

これまでは、不倫はあったものの離婚はしない場合と不倫が原因で離婚にまで至る場合では、慰謝料額は違いました。

不倫が原因で離婚に至った場合の慰謝料の方が、婚姻関係を変わらずに継続する場合に比べ高い傾向にありました。

今回の判例を受けて、今後慰謝料額がどの程度影響を受けるのかは不透明です。

3. 離婚と慰謝料の関係

女性の方に多いのですが「離婚するときは旦那から慰謝料がもらえる」と思っていませんか?

「離婚=慰謝料」ではありませんので、必ず慰謝料が発生するわけではありません。
 

慰謝料とは一般的には精神的被害や身体的被害に対する損害賠償をいいます。従って、離婚する際に精神的・身体的被害を受けていないと慰謝料は発生しないと言われています。離婚する際に慰謝料を請求できる場合は、相手が不倫をしたり、暴力や暴言などのDVを行うなどが一般的です。
 

ただし、離婚に至った原因などによって慰謝料が発生する場合もあるとのことですので、慰謝料を獲得したいと思われる場合は弁護士の先生にご相談されることをオススメいたします。
 

4. まとめ

本日は子育てとは関係ないコラムになりましたが、夫婦の間で発生しうる「不倫」「離婚」についての書かせていただきました。

お子様がいる家庭でも「離婚」はあり得る話だと思いますので、離婚する際の一つの参考資料としてお読みいただければと思います。
もし離婚される際、慰謝料や養育費、財産分与でもめる場合、もしくはもめそうな場合は弁護士に一度相談してみてください。

<参考資料>
◇弁護士などを無料で紹介してくれるサイト
つなぐナビ http://www.tsunagu-navi.com/

◇国が設立した法的トラブル解決総合案内所
法テラス  https://www.houterasu.or.jp/

制作著作:日本はぐケア協会