熱中症とは、暑い環境下や体温が下がりにくい環境で起こる身体の異常のことを言います。かつては、「日射病」や「熱射病」という言い方をしていましたが、ここ最近では「熱中症」という言い方で統一しています。

今日は熱中症の基礎知識を皆さんにお伝えしたいと思いますので、ご一読ください。

熱中症の原因と症状

熱中症の原因は、体温の上昇に伴い体温調節機能のバランスが崩れてしまうことにあり、主な症状として、
・めまい や たちくらみ
・倦怠感 や 吐き気
・筋肉のけいれん
・水分補給ができなくなる
・体温が高く、皮膚が乾く
・意識障害
・自分で歩けない(力が入らない)
と言われていますが、他にも症状はあります。

熱中症診断

原則として医師が診断を行います。
熱中症の診断では、身体検診とバイタルサインの確認に加えて、血液検査や尿検査などを行います。
・深部体温の測定
・脱水の有無の確認
・合併症の検査
を行い、医師が診断しますので、必ず医師に相談してください。

主な治療方法

熱中症の主な治療方法としては、下記があげられます。

○水分補給
水分・電解質・糖分を接種するようにします。
口から医療用水分を補給することもありますし、点滴で補給することもあります。

○冷却
水分を皮膚に吹きかけてから扇風機などで冷却したり、エアコンの効いた部屋で休憩したり、胃や腸に直接冷水を流し込む方法などがあります。

対策

熱中症はいつ誰がなってもおかしくありません。
とくにこれからの季節は、熱中症になりやすい時期でもありますので、下記対策を最低限実施して頂き、熱中症にならないように注意をお願いいたします。

○水分をこまめに摂取してください
喉が渇いていなくても、こまめに水分を取りましょう。
スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は、スムーズに吸収できますので、効果的です。

○塩分をほどよく摂取しよう
過度に塩分を摂取する必要はありませんが、毎日の食事を通して塩分をきちんと摂取しましょう。ただし、かかりつけの医師より水分や塩分の摂取制限を受けている方は医師と相談してください。

○睡眠環境を快適にしよう
電気代がもったいないからとエアコンをつけずに寝ることは自殺行為です。
室内温度を26~28度に保ち、扇風機などを上手に活用しながら睡眠環境を整えてください。暑くて目が覚めるのは睡眠環境が整っていない証拠なので、暑さで目が覚めないよう調整してください。

○日差しを避けよう
決して外に出るなという意味ではなく、帽子を被ったり、日傘を活用するなどして直射日光を可能な範囲で避けましょう。外を歩く時も可能な限り日陰を選ぶなど、注意が必要です。

○外ではこまめに休憩を取ろう
外出先などで日差しや暑さにさらされる環境下では、こまめに休憩をとり、決して無理をしないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?
熱中症は最悪の場合、死に至るケースもあります。
決して軽く見るのではなく、基本的な知識を得て、対策を施していただきますようお願いいたします。

制作著作:日本はぐケア協会