暑い時期、車の車内温度が暑すぎて乗れない…なんて経験は、皆さんあると思います。そんな時の対処方法をJAFが検証し、発表しておりますのでご紹介したいと思います。

1.ドア開閉

エアコンは使わず、助手席の窓だけを開け、運転席のドアを5回開閉して車内の熱気を逃し、温度変化を測定。

2.冷却スプレー

エアコンは使わず、冷却スプレーをシートに10秒ほど吹きかけ、3分間の温度変化を測定。

3.エアコン「外気導入」

窓は開けず、車のエアコン(オート)を外気導入、温度設定はLo(最低)にし、10分間の温度変化を測定。

4.エアコン「内気循環」

窓は開けず、車のエアコン(オート)を内気循環、温度設定はLo(最低)にし、10分間の温度変化を測定。

5.エアコン+走行

窓を全開にし、 車のエアコン(オート)を外気導入、温度設定はLo(最低)にして走行。2分後に窓を閉め、エアコンを内気循環にして3分間走行し、温度変化を測定。

6.結論

5.の「エアコン+走行」が最も早く車内の温度を下げることができたそうです。

1.のエアコンを使わない「ドア開閉」は47.5℃、
2.の冷却スプレーは3分後に50.1℃に低下
3.のエアコン(外気導入)10分後に29.5℃
4.のエアコン(内気循環)は10分後に27.5℃
5.のエアコン+走行」で5分後に28.0℃まで低下した

との結果がでているそうです。

車内の温度を下げるための最も効率的な方法は、窓を全開にしてエアコンを外気導入にして走り出し、車内の熱気を出したら窓を閉め、内気循環にして冷やすことです。「エアコン+走行」は、 短時間で温度を大きく下げられるため、燃料の消費や排ガスも抑えられ、環境面でのメリットもあるそうです。

参照:JAF(http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/temperature/detail5.htm

今回調べてみて他にも車内温度を上げる方法として、「車のドアと窓を全開にし、エアコンを外気導入しつつ、運転席のドアを5回ほど開け閉めする方法」が目立ちましたが、実際にどの程度車内温度が下がるのかは計測されていませんでした。

また、炎天下に車を置いておくと、エアコンを切ってから5分後に50℃近くまで温度が上昇し、人間の命が危険にさらされるというデータもあるようですので、車の中にお子様を1分でも放置することは絶対にしないよう注意をお願いいたします。

著作:日本はぐケア協会