GWや夏休みに向けてカウントダウンを始めている方も多いのではないでしょうか。でも、小さなお子様を連れてお出かけすることは親にとって一苦労です。そこで今回は九州地方に焦点を当てて、親子で楽しめるスポットを一部ご紹介します。

子どもが楽しみにしている長期休暇を親も一緒に楽しみたい!

子ども連れでも安心のスポット
・ファンタジーキッズリゾート筑紫野(福岡県)

http://www.fantasyresort.jp/chikushino/
日本最大級の全天候型室内遊園地(インドアプレイグランド)です。
約3,100㎡もの広い室内には、大人も滑れるスライダーの他、ボールプールやトンネルなど大型のエアー遊具を揃えています。大人気の電動カーを運転できるキッズサーキット、ステキなドレスに着替えて写真が撮れるファッションフォトスタジオ、3歳未満のお子さまが安心してご利用できるミルキッズひろば、異物混入や衛生管理の面でも公園の砂場と比較してはるかに安全なサラサラすなば、子どもの想像力を豊かにするトイひろばなど、オリジナルイベントも開催され、親子が一緒に楽しめるスポットです。

 

・スペースワールド(福岡県)

http://www.spaceworld.co.jp/
間もなく閉園をむかえてしまう総合レジャーパーク。
雨でも遊べる屋内すな場や乗り物が充実、親子で笑顔になれます。
園内には約30種類のアトラクションが完備。その中で20種類程は小さなお子様でも楽しめるので、飽きることなく一日中過ごせます。カピバラカフェでは、愛くるしいカピバラの姿を眺めながらカフェタイムが楽しめます。コーヒーやソフトドリンクなど20種類以上が飲み放題。またケーキやドーナツなども販売していますので一休みしながら、ゆっくり堪能してください。小さなお子様向けに、知育玩具や安全育児用具で知られるボーネルンドとタイアップしたキッズスペースもあり、カピバラとの餌やり体験も人気があります。夏季限定でウォーターパーク、ミューナも利用可能。年齢問わず楽しめるいろんなプールが大集合しています。

 

・ハウステンボス(長崎県)

https://www.huistenbosch.co.jp/
ご家族三世代で楽しめる、五感満喫のテーマパークです。
中世ヨーロッパの街並みを再現した異国情緒あふれる場所で、日本では見たことのないような文化や自然が溢れています。1年中、四季折々の花々が咲き誇る花の王国や、3年連続日本一に選ばれている、365夜光きらめく「光の王国」があります。広い場内は運河が流れ、クルーザーが行きかいます。地上ではサイクルを利用し、日本でも体験できる所が少ないエアホイールも体験できます。体力に自信のない人やグループ、家族連れなら、パークバスやカートタクシーの利用も便利です。アトラクションも、小さなお子さま向けのふわふわ遊具から本格派の空中アスレチックまで、全身をめいっぱい動かして遊べるアドベンチャーパークや、最新技術を駆使したゲームの王国で楽しむことができます。大型連休にはイベントも目白押し。とても一日では回りきれません。

 

・トリック3Dアート 湯布院(大分県)

http://www.trick3dart-yufuin.com/
リニューアルOPENしました。
大きくも小さく見える絵画や目の錯覚を利用して楽しく遊ぶトリック3Dアート。家族みんなで面白い写真を撮り放題。CGで手掛けた色鮮やかでダイナミックなトリック3Dアートが気軽に体験できると大好評です。毎年、半分くらいずつメインの作品が入れ替わるので、いつ訪れても何回目でも楽しめるが嬉しいポイントです。皆で魅惑のトリック3Dアートの世界へタイムスリップしましょう。

 

・杉乃井ホテル(大分県)

http://www.suginoi-hotel.com/facilities/amusement.html
別府八湯のひとつ、観海寺温泉にある杉乃井ホテル。200万球のイルミネーションが注目を集めています。晴れた日には遠く四国までを望む、別府湾が一望できる高台に建っています。温泉をはじめ、ボウリング場やゲームコーナーなど、さまざまなアミューズメント施設を併設しています。本館とHana館にはファミリー向けの和室、和洋室が整備されているので小さなお子様と一緒でも安心してください。水着で楽しめる屋外型温泉施設ザ・アクアガーデンでは、噴水ショーや一部にクレヨンで落書きできる壁など、子どもたちも楽しめる造りになっています。夏期には、波の出るプールやウォータースライダー、キッズプールなどがある、屋内レジャープールがあります。他にも和洋中のメニューが並ぶバイキングレストラン、スパやジムなど大人から子どもまで、家族で楽しめる施設が目白押しです。

 

・ヘルシーランド(鹿児島県)

https://www.seika-spc.co.jp/healthy/
景色が最高の露天風呂もあるレジャー施設。
海のすぐそばにあり、露天風呂からの眺めは最高です。
洋風、和風の露天風呂があり日替わりで男性、女性が入れ替わります。和風露天風呂は海と開聞岳を見る事が出来、夕日が沈む時間がお勧め。海に沈む夕日に開聞岳が陰になり日本情緒あふれる景色をお風呂につかりながら堪能することができます。洋風風呂は背中に竹山、目の前は海原と自然景観を楽しむ事ができます。家族湯もありますので皆で一緒にゆっくりお風呂を楽しめます。休憩室も併設され、子ども連れでも安心です。お食事は地熱の里レストラで自慢の一品かつおのタタキや郷土料理も堪能。お風呂で癒されたら、子ども用プールもあります! 家族みんなで身体を動かしませんか?

 

・あそびパークnamcoゆめタウン光の森店(熊本県)

http://www.namco.co.jp/game_center/loc/hikarinomori/
九州ではココだけにしかありません。屋内砂浜、海の子がある親子で楽しめるスポットです。
あそびパークは子どもたちが夢中になれる遊びがたくさん集まった夢のプレイグラウンドです。身体を動かし、頭を使い、子どもたちの自由な発想をお手伝いし、無限に広がった遊び方で年齢に合わせて楽しめます。おじいちゃん、おばあちゃんも一緒にお孫さんがのびのびとはしゃいでいる元気な姿を見ることができます。心と身体の成長を育むあそびを通じて、親子であそびをクリエイトしてみませんか?

 

まとめ

普段は忙しくてお疲れのパパと一緒にお出かけできる子どもたちにとっては夢のような時間であるGWに夏休み。親にとってみれば、せっかくの休みなのでゆっくりしたいと思うところかもしれません。でも、子どもたちがのびのびと遊び、親も体を休め癒しの空間を選べば、有意義な時間を過ごせるのではないでしょうか。上記のスポットをぜひ参考にしていただき、良い長期休暇をお楽しみください。